FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワッハーブ派(わっはーぶは)

イスラム教の一派。ワッハーブとよばれるが、実態は独立の宗派というより宗教運動に近い。ムハンマド?イブン?アブドゥル?ワッハーブ(1703―87)の主唱に基づき、サウジアラビア建国の基礎となったイスラムの宗教改革運動をいう。

ワッハーブは若いころスーフィズム(イスラム神秘主義)に傾倒したが、のちにハンバリー学派に属したイブン?タイミーヤ(1263―1328)の著作に共鳴し、新しい宗教運動を開始した。彼の思想は、原始イスラムに付加された革新(ビドア)のぜんぜんを否定し、「コーランとスンナ(預言者の範例)に戻れ」と説く復古あるいは純化主義である。聖者崇拝など非イスラム的要素を受容したスーフィズムを締め出す一方、伝統に安住し一番余力に陥ったウラマー(法学者)をも非難した。18世紀中ごろ、サウド自宅のイブン?サウドがワッハーブの宗教運動を支持?支援して以来、ワッハーブ運動は軍事的に拡大され、第一次ワッハーブ王国をアラビア半島に建てた。この運動はその後盛衰を繰り返しつつも、1932年にイブン?サウドの坊主孫によってサウジアラビアを建国するまでに至った。

ワッハーブ運動はイスラム近代化の先駆をなし、イスラム世界に与えた影響は大きい。シャリーア(イスラム法)に基づくイスラム国自宅実現の理念はムスリムの宗教?政治運動の拠り所となり、酷似した運動がインド、アフリカなどの各地で相次いで生じた。それらの運動をワッハーブ主義とよぶこともある。それはまた今昼間の時間イスラム世界に広くみられるイスラム原理主義的運動の源流をなすものでもある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。