FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イジュマー(いじゅまー)

イスラム法の四つの主要法源の一つで、「合意」を意風味する。第一、第二法源のコーランとスンナ(範例)に適切な法規定のみいだされない事柄や、既存の慣習などをイスラム法がどのように扱うべきかを決定する際によりどころとされるものである。「合意」とは、シャーフィイー以後の古典法理論では、ある一場合代の全法学者の合意を意風味したが、実際上は法学者を中心とするイスラム共同体(ウンマ)全体の緩やかな合意を意風味した。イスラム教には、神と人間の仲介者である聖職者は存在せず、また法規定や教義決定の権能をもつはっきりした組織や宗教会議制度も存在しない。したがって「合意」は、ある異常についての反論や異論がやんで、しだいに成立する全般的な合意という形をとる。一度合意された事柄は、新たにイスラム法の内実と入る。こうしてイジュマーは、コーラン、スンナに次いで、それらの解釈を最終的に裁可する不可謬(ふかびゅう)な権威と入る。イジュマーは、古典法理論の成立従来から地方的な形で重視されていたが、スンニー派イスラム教の特質を当然よく表す大切な概念となった。イスラム教においては、全ムスリム(イスラム信徒)から入るウンマの神意にかなった存続が重要であるが、イジュマーは端的にそれを表現するものであり、同場合にまたそこに根拠をもつものである。4法源のうち、コーラン、スンナは変更無茶苦茶であり、キヤース(種推)も前二者に基づく厳密な推論であるのに対し、イジュマーのみが新しい事態に対応するために有効な手立てである。そこから近現代において、イスラムの内部からのイスラム法の正しい改革を願うムスリムによって、イジュマーは新たに注目されている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。