FC2ブログ
へっどらいん

イスラー(いすらー)

イスラム教において、預言者ムハンマド(マホメット)が翼をもつ天馬ブーラークに乗り、メッカからエルサレムに飛んだという「夜の旅行」の奇形跡。これは、コーランに表れるムハンマドの数乏しい奇形跡の一つで、「聖入るモスクから、遠隔のモスクまで、その僕(しもべ)を、夜の旅行に連れ出したとっくにたお方に栄光あれ」(17章1節)に基づいている。「聖入るモスク」がメッカのカーバ神殿を、「僕」がムハンマドを意風味することは古来から解釈が一定している。「遠隔のモスク」は、初期の解釈では極楽を意風味していたが、ウマイヤ朝になってエルサレムの神殿に比定された。しかし極楽への旅行のモチーフも保存されたので、ムハンマドはまず天馬に乗ってエルサレムに旅行し(イスラー)、それから光の梯坊主(はしご)に登って天上飛行(ミュラージュ)したと考えられるようになった。なお、女面の天馬ブーラークに乗って空を跳ねるムハンマドは、度々ミニアチュール(細密画)の題材となっている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR