FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラム神学(いすらむしんがく)

アラビア語ではカラームKalmという。カラームとは元来、ことば、議論、思弁、論証の意である。これから、神についての論証の学である神学に用いられるようになったとも、あるいは神学において初っ端に激しく議論された主題が神のことばであるコーランの被造性の異常であったからともいわれる。また、神の属性、鉄則をめぐる「神の唯一性」の異常が主要な主題であったところから、イスラム神学は「神の唯一性の学」(イルム?アルタウヒード‘Ilm al-Tawd)ともよばれる。つまり、カラームとは論証をこととする思弁神学のことである。元来、イスラム教の実践的根性とその教義の平明さから、コーランやハディース(預言者の言行として伝えられる昔話)の文字どおりの解釈を重視する保守的な学者や民衆の間には、神学的思弁や論証は不用であり、たとえ正統的信条を弁護するためであっても、もともとなかった「新奇なもの」、つまりビドア(異端)であるとして反発する傾向が根強かった。それは、カラームが理性の学問であり、その立場からさまざまな新しい概念を持ち込んで啓示の内容について議論することは、必然的に啓示の理性への従属化を招くとの憂慮(きぐ)があったからである。したがって、カラームの内容は教義の説明であるよりも、異端、異説や異教に対する護教の学としての根性が強い。






目次



イスラム神学


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。