FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イマーム(いまーむ)

イスラム共同体(ウンマ)の指導者。アラビア語で「先導者」「指導者」の意風味で、大きく分けて三つの時に用いられる。第一は群れで礼拝(サラート)をする際の導師に、第二は、イマーム?シャーフィイーのように、偉い学者、宗教的指導者に対する敬称として、第三はイスラム共同体の政治的あるいは宗教的な首長の意風味で用いられる。ここでは第三の意風味について述べる。

預言者ムハンマド(マホメット)の在世中は当たり前、共同体の最良権威をもつ指導者についての論議はおこらなかった。しかし預言者が没するや、それは共同体の非常な課題となり、初期の共同体の有力者たちは選挙、前任者による推薦によって、首長たる預言者の後継者(カリフ)を定めた。しかしこれは最終的に共同体構成員全体が、そして実際にはその有力者たちが、選ばれたカリフに忠義を誓うことで初入れ効力をもった。ウマイヤ朝以降実際には世襲制となってしまうが、理念的にはこの共同体の合意に基づいて首長を決めるという方式がスンニー派の伝統となった。スンニー派では、首長としてのイマームは宗教的権威はもたず、聖法の執行者と位置づけられ、その資格や権能についての議論がカリフ論として展開された。

シーア派ではイマームはきわ入れ大切な意義をもつ。イマーム位は預言者ムハンマドの娘ファーティマと彼の従兄弟(いとこ)かつ女婿(じょせい)のアリーとの坊主孫にのみ、前任者の神意に基づく指名によって代々伝えられる。預言者と相違、イマームは神の啓示に基づくシャリーア(聖法)をもたらすことはないが、聖法の後ろの秘教的知識を代々昔話し、それに裏打ちされた言行はシーア派ムスリムにとって犯しがたい権威である。イマームは神と人の仲保者であり、人は神を真っ直ぐ知ることはできず、イマームを案内してのみ神を知り得、イマームなしには人は神の意希望を知り、それに追随して生きることもできない。イマームは一番謬(むびゅう)であり、誤りを侵害する割合のある人間の合意に基づくスンニー派のイマーム(カリフ)観とは相いれない。一連のイマームを認め、その最後のイマームが「隠れイマーム」として、亡くなったのではなく、並の人には見えない姿で存在し継続し、将来この世に救世主(マフディー)として再臨し、公正と正義を回復するというメシア思想が結合している。だれをどのようにイマームと同意するかで、シーア派はさらに十二イマーム派、七(しち)イマーム派(イスマーイール派)、ザイド派などに分かれる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。