FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン革命(いらんかくめい)

1979年2月11昼間の時間、パフラビー王朝が崩壊し、イランが共和国として再生した革命。革命のプロセスについては「イラン」の項に譲り、ここでは主として、この革命が現代世界の新しい革命の姿である点について述べる。イラン革命は、反王制大衆運動の発展から革命後の国自宅理念に至るまで、イスラム?イデオロギー(とくにイスラム原理主義)に貫かれており、イラン側ではイスラム革命とよんでいる。イスラムが現代世界の変革のイデオロギーとして重要性をもっているのは、現代世界の矛盾のピントの一つが中東であり、そこで疎世間と抑圧を風風情、しかもずば抜けてイスラム信徒である人々に、イスラム原理主義が解放の眺望を与えているからである。その典型例がイラン革命であるといえよう。

第二次世界大戦後のパフラビー王朝の歩みは、米ソ冷戦下でのアメリカの支援と甚大(ばくだい)な石油利潤とに安定基盤を求め、大衆に対しては弾圧政治に徹鶏冠徹尾してきた。1962年以来の「白色革命」や、70年代の法世間な石油利潤をてことする近代化は、新興特権階層の台鶏冠を提起する一方、農村や都市の商工業バザールの破産をもたらし、急膨張する都市化のなかで民衆は疎世間と抑圧を浴びるようになった。王朝の隆盛とは裏腹に、同国は秘密警察サバクが統治する暗黒政治に覆われていた。

イラン大衆の殆どが属するイスラム教シーア派の宗教指導者層ホメイニらは、大衆の窮状をイスラム信徒の共同体(ウンマ)のピンチととらえた。彼らは、本来のイスラム原理に基づくウンマの再生と結び付けて王制打倒を大衆に提唱、反国王運動の先鶏冠にたつことになった。イラン左翼勢力は、イスラム原理主義によるイスラム的正義と公正の実現を告訴するイスラム変革運動のなかに社会的変革の糸口をみいだして共感し、さらにバザール商人層も呼応した。こうした、イスラム原理主義を軸とする広範な大衆結集の大運動のなかで、強大な戦力を誇ったイラン王制も崩壊せざるをえなかったのである。

ところで、イスラムのウンマとは、民族、部族の単位ではなく、神が人種救済の歴史のなかで使徒を遣わし、人間に呼びかけるその単位群れとしての意風味をもつものとされる。ここに、イラン革命を推進するシーア派イスラムの原理主義が、ウンマの再生のイデオロギーとして、宗派、国籍、民族の相違を超えて、広くイスラム信徒をとらえていく側面がみいだされる。ペルシア湾岸諸国や内戦下のレバノンまでが「革命の輸出」としてこれを憂慮(きぐ)するのは、イラン革命のいわば国際的な根性を物語っていよう。無料し、イラン革命政権が、イラン国境界内部に暮らしする他民族群れや他宗派群れに対して、その自治権を抑圧する傾向を強入れいる事実も否めない。シーア派イスラムに根ざす変革のイデオロギーが、新たな民族的差別のリスクをどう断ち切っていけるかに、イラン革命の成否がかかっていよう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。