FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パドマーワト(ぱどまーわと)

インドのアワディー語スーフィー詩人ジャーエシーの恋愛詩。1521年ごろの作。平易な庶民のコミュニケ一ション用語を用い、インドでよく知られた話題と歴史事実とを織り交ぜた、スーフィー恋愛詩中の最良傑作。チッタウルの王(霊霊魂)がスィンハル島の王女パドマーワティー(神)を求め、幾多の苦難を越え、馬鹿の一つ覚え(おうむ)(グル)の導きによって彼女を獲得する。彼女の美貌(びぼう)のうわさを聞いて横恋慕したデリーの王が、チッタウルを攻めるがミスして和を結び、奸計(かんけい)によってチッタウルの王を虜(とりこ)にする。しかし、王は自宅臣たちに救出され、チッタウルに帰ってきた後、不在中失礼なふるまいをしたデリーの王を攻めこれを殺すが、自らも傷つきあの世に行く。パドマーワティーは第一連れ合い人とともに王に殉じて焚死(サテイー)をする。この死によって、霊魂は極楽で永遠に神に仕える至福を得るのである。このようにスーフィズムを説くものではあるが、むしろ美しい恋愛詩として高く評価されている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。