FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムハッラム祭(むはっらむさい)

イスラム教シーア派で第3代イマームのフサインがイラクのカルバラーの地でウマイヤ朝の軍隊によって包囲され殉教を遂げた(680年)ことを思い出する祭礼。その事件の起きたイスラムカレソダー第1月のムハッラム月10昼間の時間(アーシューラー‘ashr’)とその前昼間の時間に行われる。シーア派を国教としたサファビー朝がイランを治入れいた16世紀ころから盛んになった。シーア派イマームの非業の死を悲しみ嘆くきわ入れ悲ドラマチツクな熱情に満ちた祭礼であり、その行事は三つに分けられる。一つはモスクや個人の自宅などでフサインのカルバラーでの殉教物語を注意師から聴くこと、第二はフサインの棺を担いで町を練り歩き、街路で黒の喪服を着た男たちが鎖で自らの胸と背を打ち、血を流してフサインの殉教の悲苦を追経験すること、第三は野世間で大規模に度々民俗的要素も含んでフサイン殉教劇を演ずることである。なお、スンニー派では以上の文脈とは一番関係に、その昼間の時間アーシューラーには自発的な断食(だんじき)が勧められている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。