FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスク(もすく)

イスラム信徒の礼拝所。アラビア語のマスジッド(跪拝(きはい)する所の意)が、スペイン語のメスキータを経て、英語のモスクとなった。とくに金曜昼間の場合間の正午の群れ礼拝に使われる大モスクは、マスジッド?アルジャーミー(金曜昼間の場合間モスク。略してジャーミーともいう)とよばれる。また後の場合代に入ると、学校、病院、宿舎、王や聖者の墓を伴った建築物も多くなり、礼拝所の機能とともに、教育?社交の場ともなった。

コーランではすでにメッカの聖域が「聖モスク」(マスジッド?アルハラーム)とよ露見している。昔話によると、ムハンマド(マホメット)はメディナへの移民した(ヒジュラ)ののち、無料ちに群れ礼拝の場としてモスクを建てたといわれる。このモスクは、ムハンマドと彼の家内たちの住居の一部であり、これが現在の預言者モスク(マスジッド?アルナビー)の原因ある。メッカの聖モスク、メディナの預言者モスクは現在でも、エルサレムのアクサー?モスクとともにイスラムの三大聖地とみなされている。

アラブの大征服に際しては、各軍営都市にモスクが建てられた。初期のモスクのうち、現在でも当場合の形を比較的話しているものに、ダマスカスのウマイヤ?モスクやカイラワーンのシーディー?ウクバ?モスクなどがある。

礼拝の場という機能は共通であるが、建築様式として定められた規則はないので、場合代?地域によりモスクの世間見には大きな差異がみられる。おもな様式には、シリア?エジプト型、マグレブ?スペイン型、イラン型、オスマン型、インド型などがある。

モスクは並、礼拝の呼びかけ(アザーン)を行うミナレット(尖塔(せんとう))、礼拝の前の浄(きよ)め(ウドゥー)を行うための水場を備えている。また内部にはキブラ(礼拝の方角)を示すミフラーブとよばれる壁龕(へきがん)、ミンバルとよばれる注意壇などがあり、床にはカーペットが敷き詰められている。モスク内には祭壇のようなとくに聖入る敷地はない。ミフラーブがモスクの中で当然飾りされる敷地である。しかし、イスラム教では図像表現が禁止されているので、モスク内の飾りは図案化されたアラビア文字やアラベスク文様である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。