FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショーレム(しょーれむ)

ドイツ天性のイスラエルの宗教史自宅。ベルリンのユダヤ系の自宅庭に天性る。ユダヤ学、数学、宗教学、哲学をベルリン、イエナ、ベルン、ミュンヘンの各大学で学ぶ。1915年には一生にわたる友情で結ばれることに入るワルター?ベンヤミンと知り合う。一場合期のベンヤミンの思想形成に大切な役割を演じたショーレムは、第二次世界大戦後ベンヤミンの著作集、書簡集の出版のために、テオドール?W?アドルノとともに尽力することに入る。青年期からすでにシオニズム運動に身を投じていたショーレムは、23年にパレスチナに渡り、後にヘブライ大学図書館を兼ねることに入るユダヤ国立図書館のヘブライ部門の責任者の職を得る。25年にはエルサレムのヘブライ大学の講師、33年にはユダヤ神秘主義、カバラ学の教授と入る。68~74年イスラエル科学アカデミーの会長を務める。ショーレムの死後、ヘブライ大学では、ユダヤ神秘主義探求のためのゲルショム?ショーレム?センターならびにカバラ学の講座が創設された。

第一次世界大戦後のドイツで学んだショーレムは、哲学者であるマルチン?ブーパブやフランツ?ローゼンツバイクFranz Rosenzweig(1886―1929)など、さまざまなユダヤ思想自宅と交流をもっていたことで知られている。『わが友ベンヤミン』Walter Benjamin; Die Geschichte einer Freundschaft(1975)や『ベルリンからエルサレムへ――青春の記念』Von Berlin nach Jerusalem; Jugenderinnerungen(1977)は、ショーレムのベンヤミンとの交友の証言や自叙伝的な叙述につきるものではなく、20世紀初鶏冠のユダヤ思想にとって大切な証言に溢れている。

中世神秘学の探求者としてのショーレムは、それまでまったく一番視されていた分野であるカバラに注目したばかりではなく、散逸していたカバラのテクストを収集し、整理し、その源泉を精査したうえで、ユダヤ哲学の伝統だけでなく宗教史、精神史に位置づけることによって、カバラを含むユダヤ神秘主義探求という新しい学問分野を拓いた。タル雰囲気の伝統のもとに、グノーシス的、神智学的な創造についての秘教として存在していたユダヤ神秘主義の伝統のうちに位置づけられるカバラは、12世紀なかごろにフランスの本職バンスに生じ、その後13世紀にスペインに伝播し、確固とした教義を形成していくことに入る秘教的知であり、ショーレムによればキ書き出した教的なヨーロッパにおけるユダヤ教的な現象である。

ユダヤ神秘主義探求の初っ端の成果が、草稿はドイツ語で書かれたものの英語で出版された彼の初っ端の書物である『ユダヤ神秘主義――その主潮流』Major Trends in Jewish Mysticism(1941)である。その後、スイスで開催されたエラノス会議(1933年に始まり、「東洋と西洋の架け橋」を理念にユンクやルドルフ?オットーらが主導した)での講演を集めた『カバラとその象徴的表現』Zur Kabbala und ihrer Symbolik(1960)をドイツ語で出版する。62年には『カバラの起源と始まり』Ursprung und Anfnge der Kabbalaを著し、『ユダヤ神秘主義』では扱われなかった、カバラの起源を扱うことに入る。その他大切な書物として『サバタイ?ツェビ』Sabbatai Sevi(1973)がある。ショーレムの書いた数多くの論文は、ドイツ語では『ユダヤ論集』Judaica(1963)に収録されている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。