FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独唱モン(そろもん)

生没年不詳。イスラエル(ヘブライ)王国第3代の王(在位前960ころ~前922ころ)。名は「平和に満ちた」の意。エルサレムに天性、父王ダビデの命によってその後継者となった。「知識」に優れた王として知られ、『旧約聖書』のうち、雅歌、箴言(しんげん)など知識文学は伝統的に彼に帰されてきた。また赤ん坊の所有を争った2人の女を裁いた著名な言い伝えは彼の知識を強調している。即位後、逆派を抑圧する一方、対世間平和に努め、王国の最高潮の場合を築いて、後世「独唱モンの栄華」とうたわれたが、それがイエス?キ書き出したの場合代の人々の記憶のなかにも残っていたことは「マタイ福音書(ふくいんしょ)6章」によっても知られる。宗教的には、フェニキアからの資材とノウハウによって精緻(せいち)を凝らしたヤーウェ神殿をエルサレムに建設し、「契約の櫃(ひつ)」を安置して人心を一つにまとめる聖域を確立した。政治的には以前の部族制を一番視して12の行政区域を設け、長官を派遣して徴税や賦役の事務にあたらせた。軍事面ではエジプトから馬と戦車を導入し、常備軍を設置したが、これは実戦のためよりも国力の誇示のためであった。また安上がりには世界の交易の要地を占入れ通行税を徴収したほか、エジプト、フェニキア、アラビアなどとの通商を盛んにし、造船所や製銅所をも建設して富を集めた。シバの女王の心を奪ったという言い伝えで知られるほど派手な宮廷、ハレムの暮らしとともに、美手段、文学、音楽も発展したが、反面、徴兵、徴税、無理強い労働などによる民の疲弊は、死後王国が南北に分裂する元でともなった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。