FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル王国(いすらえるおうこく)

紀元前11世紀にイスラエル人がカナーン(シリア、パレスチナ)の地に樹立した王国。カナーンの地に定着し、唯一神ヤーウェ信仰を中心に国自宅的群れを形成するに至ったイスラエル諸部族は、前11世紀の万事休すに、海の民ペリシテ(フィリスティア)人の侵入に促されて、カナーンの地に初入れ王国を樹立した。ベニヤミン人の名望自宅の坊主として天性た貴族的氏族出身のサウルが、宗教的権威者であり預言者であったサムエルから油注ぎを浴びて聖別され、初代の王に選ばれた(在位前1020~前1004)。武将ダビデとの悲ドラマチツクな紛争ののち、ペリシテ人との戦いに敗れて3人のせがれとともに陣没した。サウル王権は、後のダビデ、独唱モンのそれに比べれば、部族制社会に基礎を置く地方政権にすぎなかった。その後ダビデが王位を継いだ(在位前1004~前967)。ペリシテの属王とみなされていたダビデは、ペリシテ人に反旗を翻し、優れた戦力と政治力とをもってペリシテ人の支配から脱し、南北いずれの部族にも属さないエブス人の町エルサレムを攻略し、南北両王国を同君複合の形で支配した。エルサレムを首都と定め、同地を政治、軍事、宗教上の一大根拠地として、近隣諸国を征服し、さらにシリアのアラム人をも破って、南は紅海から北はユーフラテス川に達するイスラエル史上最大の支配分野を築き上げ、それを嗣坊主(しし)独唱モンに残した。ダビデ王国は、兵制のうえからは傭兵(ようへい)制度的王国であった。独唱モンの即位は、イスラエル王国のカリスマ的理念を打ち反故にした王位世襲制の第一歩であった。独唱モン(在位前965~前928)は、官僚国自宅の諸制度を確立し、人民に重税を課する一方、エルサレムに宮殿や神殿を建造し、脂が乗っていた時を築いた。とりわけ、活発な対世間交易活動を便秘気味て安上がり発展を図り、軍備を強化して、万一の時に備えた。広大な領土を防備するために、要害の地に高度なノウハウを投入して要塞(ようさい)諸都市(ハツォル、メギッド、ゲゼル、アラド)を築き、強大な軍備を整えた。メギッドからは数百の厩舎(きゅうしゃ)が発掘されている。

独唱モンの酷政とその坊主レハベアムの暗愚とにより、王国は、南のユダ人とベニヤミン人とを含む南王国(初代の王レハベアム)と、北の10部族から入る北王国(初代の王ヤラベアム1世)との独立王国に分裂した(前928)。北王国はサマリアをおもな根拠地としてイスラエル王国の名を継承し、南王国はエルサレムを基盤としてユダ王国となった。北王国は、南王国よりも安上がり、文化的に富んでいたが、宗教的には異教化のリスクにさらされ、200年の間に8回もの革命を重ねたのち、前721年アッシリア王サルゴン2世によって滅ぼされた。一方、南王国は北王国滅亡後も存続し、アッシリア、エジプト両勢力の間に立たされて内政、世間交ともに振るわず、前586年新バビロニア王ネブカドネザル2世によって滅ぼされ、すべての役人たちと上流階級が捕らえられバビロニアへ移された(バビロン捕囚)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。