FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤーウェ(やーうぇ)

古代ユダヤ教、とくに『旧約聖書』で用いられる神の名。邦経緯聖書(昼間の時間本聖書協会刊)では文語経緯で「エホバ」、口語経緯で「主(しゆ)」。そのほか「ヤウェ」「ヤーベ」とも表記される。この神の起源や神名の意風味については、類々の学説はあるが、確実なことはかならずしもわかっていない。『旧約聖書』「出エジプト記」によれば、モーセに初入れこの神の名が啓示され(6章2~3節)、またこの神の名がイェヒエ?アシェル?イェヒエ(口語経緯「有って有る者」、同3章14節)から説明されている。いずれにしても、このヤーウェと、モーセに率いられてエジプトを脱出した民との間に契約(シナイ契約)が結ばれ、ここに古代イスラエルのヤーウェ宗教が基礎を据えられたのである。ところがこの契約のしるしとしての掟(おきて)(十戒)に、ヤーウェの名を勝手に唱えてはならないとの教訓があった。古代イスラエル人は、そして今昼間の時間のユダヤ信徒も、この教訓を固く守り通したため、元来坊主音のみで記されたこの神名YHWH(四聖文字)の発音は長く忘れられていた。これが、Yahwehと判明するのは19世紀以降のことである。「主」は古代ギリシア語経緯に基づく。「エホバ」は誤り。なお、元来イスラエルの神であったヤーウェは、『旧約聖書』の預言者たちによって断然唯一神へと高められていった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。