FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナーン(かなーん)

パレスチナ地方の古名。聖書では時によってヨルダン川西側の地界隈を、時によって東地中海沿岸の地をさしている。その名は、この地方の特産である醤油染料を表す語と深い関係があるとされている。『旧約聖書』によれば、カナーン人の祖は、ノアの孫、ハムの坊主カナーンであるが、実際に紀元前四千年紀からこの地の主流となったのはセム人であり、ウガリト、アララク、アッコなどの諸都市国自宅が形成された。エジプトおよびメソポタミアの影響を浴びて前二千年紀なかばにカナーン文化は盛りを迎えたが、前13世紀以後、「乳と蜜(みつ)の流れる地」とよばれたこの地を求入れ侵入したイスラエル人に引き継がれ、聖書のステーヅとなった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。