FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カバラ(かばら)

中世ユダヤ教の神秘思想。ユダヤ教における神秘主義的教説や慣行は、すでにタル雰囲気(ユダヤ教の教典)にさかのぼり、バビロニア(メソポタミア)で律法主義的ユダヤ教と普通んで原初的には存在していたが、中世ヨーロッパにもたらされて大きな展開をみせたものについてカバラ(伝統?昔話の意)の語が用いられる。ドイツにおけるカバラは、祈祷(きとう)、献身、瞑想(めいそう)、禁欲暮らしに励むことによって霊魂の高揚を得て、隠れた不可知の神のカボード(栄光)を幻に見るという神秘経験を強調する。一方、本職バンス(南フランス)、スペイン地方で発展したカバラでは、隠れた神は、その属性である10のセフィラー(知識、慈悲、公正、美など)を案内して把握されるもので、このセフィロート(複数)を駆使して宇宙の創造本職セス、構造、維持を論じ、神とその被造物の世界との釣り合いと統一を思索した。スペインにおける神秘思想は1300年ごろ世に出所した「ゾハール」(光輝の書)を生み、その後のユダヤ人神秘自宅の教科書となった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。