FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約(けいやく)

ユダヤ教、キ書き出した教における神と人との関係。元来法的な観念である契約(ベリートberth、ヘブライ語)を宗教思想として発展させたのは古代イスラエル人である。聖書には、大洪水後の人種と天然と神の釣り合い回復を物語る「ノアの契約」(「創世記」9章)、坊主孫増加と余地授与の約束を内容とする「アブラハム契約」(同17章ほか)、ダビデ王朝の永続を約束する「ダビデ契約」(「詩篇(しへん)」89篇)など、神と人との関係が契約として理解されることが多い。なかでも大切なのが、エジプト脱出を果たしたイスラエルの民が、シナイ山にてモーセを介して神と結ぶ「シナイ契約」(「出エジプト記」24章ほか)である。昔話によれば、ここで、十戒を核とする律法が民に与えられ、後の律法宗教ユダヤ教の基礎が据えられた。しかし、神の坊主イエスの十字架上の死により、律法を行いえなくとも、万人に罪からの救いが与えられたと信じるキ書き出した教では、イエスの贖罪(しょくざい)の業(わざ)を新しい契約とよび(「ルカ伝福音書(ふくいんしょ)」22章20節)、律法を古い契約とする。『旧聖書』『新聖書』のは、このような神と人との間の契約を意風味している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。