FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約の箱(けいやくのはこ)

古代イスラエルにおいて、その初期に、モーセの十戒(じっかい)が刻まれた2枚の石板が納められていたという木製の箱のこと。十戒は、神ヤーウェとイスラエルの民の間で結ばれた契約に基づく掟(おきて)であったので、この箱が契約の箱(櫃(ひつ))、または律法の箱とよばれる。箱は長さ1.3メートル、幅と深さ約79感傷的メートルの長方形で、金の延べ板で内世間ともに覆われていたという。イスラエルの民が約束の地カナーンに進入する際(前13世紀ごろ)、祭司がこの箱を担いで進んだ。イスラエルの民のカナーン定住後、ペリシテ人により一場合この箱が持ち去られたが、ダビデがこれを取り返し、許す独唱モンの場合代に、エルサレム神殿が建立されるに及んで、この箱は神殿内の至聖所に安置された。その後の契約の箱の行方は、『旧約聖書』に言及がないために不明である。宗教史的には、この箱は元来、ヤーウェの玉座、すなわちヤーウェの臨在の象徴であったろうともいわれる。なお一部俗説に、昼間の場合間本の神輿(みこし)との連関を説くものがあるが、歴史的には実証の限りではない。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。