FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過越祭(すぎこしのまつり)

「類(たね)入れぬパンの祭り」ともいい、ユダヤ教の三大祭の一つ。春分後に祝われる。『旧約聖書』は、この祭りの起源を、モーセに導かれたイスラエル民族のエジプト脱出前夜と結び付け(「出エジプト記」12章ほか)、奴隷コンディションにあった民族の苦しみと、出エジプトによる気ままと解放を想起し、感謝を捧(ささ)げる昼間の場合間と定入れいる(同13章ほか)。今昼間の場合間でもユダヤ信徒はニサンの月(3~4月)の13昼間の場合間の昼間の場合間没とともに自宅中のパン類を除いて火で焼き、14昼間の場合間から21昼間の場合間まで類入れぬパンを食す。晩餐(ばんさん)には自宅族が集い、出エジプトとその後の民族の艱難(かんなん)場合代を象徴する食物をとって歴史をしのび、賛美の詩篇(しへん)を唱和して解放と気ままの祭りを祝う。「過越」の語は「悪霊が小羊の血を戸口と鴨居(かもい)に塗った自宅を過ぎ越して行った」という聖書の記事によって明らかだが、同場合にこれは類入れぬパンを食す期間でもある。これは起源的には、前者が春先に動物の集団が移動を開始する前に、遊牧民の間で行われていた小羊の血による魔除(まよ)けの儀式をさす。後者は春分のころ豊作を祈願してパレスチナの農民の間で行われていた実りに有害な古い酵母菌を除去する行事、除酵祭である。この両者の祭儀が結合して古代イスラエルに浴び継がれ、さらにこれが出エジプトという民族の歴史的門出の思い出行事に結び付けられて、特有の祭りとなったものと説明されよう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。