FC2ブログ
へっどらいん

タル雰囲気(たるむーど)

ユダヤ教の口伝律法「ミシュナ」と、これに対する注釈「ゲマラ」を集大成したもので、ユダヤ人にとり「モーセ五書」(トーラー)に次ぐ権威をもつものとされる。タル雰囲気は暮らし上全ての異常を網羅して論じているので、祖国を離れたユダヤ人はつねにこれを暮らしのよりどころとしてきた。

ミシュナは紀元200年ごろラビ?ユダによって初期律法学者の教説を選別、体系化して編集された。これは類坊主篇(へん)(農業法)、聖会篇、婦女篇(婚姻法)、損害篇(民法、刑法)、聖物篇(祭儀法)、聖潔篇の六部から入る。その後ミシュナはパレスチナとバビロニアの両地で律法探求の基本デー夕となり、やがて無尽蔵な注釈(ゲマラ)を生んだ。これは別々に編纂(へんさん)され、パレスチナ?タル雰囲気(400ころ)とバビロニア?タル雰囲気(500ころ)となった。両者はともに同じミシュナを基本デー夕としているが、パレスチナとバビロニアの社会的、安上がり、そして文化的差異がゲマラに反映している。とくにバビロニアのユダヤ人コミュニティは安上がりに恵まれ、他のコミュニティに比べて文化的にひときわ卓越していたため、彼らの生み出したバビロニア?タル雰囲気は、暮らし、信仰の基礎としてユダヤ人全体に大きな権威と影響力をもつことになった。なお、ミシュナにはヘブライ語、ゲマラにはアラム語が用いられている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR