FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大イスラエル主義(だいいすらえるしゅぎ)

離散したユダヤ民族がユダヤ国自宅を建設して復興と存続を目ざすシオニズムのなかで、主流派の社会主義シオニズムに対し、旧約聖書に出現する古代ユダヤ=イスラエル王国の最大版図を意風味する「エレツ?イスラエル」(イスラエルの余地)を最重要視する非主流派、修正シオニズムの流れ。1920年代にウラジミール?ヤボチンスキーVladimir Jabotinsky(1880―1940)によって組織化され、当場合はヨルダン川東岸(現在のヨルダン)を含むユダヤ国自宅の建国を目ざした。31年にヤボチンスキーらが設立した民族武装組織イルグンは、彼の死後、第二次世界大戦中からメナヘム?ベギン(後の首相)を指導者として反イギリス独立闘争を展開した。

イスラエル建国後のイルグンの後継政党や右派政党が1973年に結成したリクードのほか、ヨルダン川西岸への入植地建設を支持する諸勢力が大イスラエル主義の流れを汲(く)む。基本的には和平折衝で占領地返還や領土的妥協を断わるが、現状では占領地異常についてある程度の妥協もやむをえないとする現実派からぜんぜんの妥協を拒絶する夕力派まで幅がある。95年11月のラビン首相暗殺は、宗教的大イスラエル主義の過激派の青年による犯行であった。

2001年2月、和平折衝で譲歩する姿勢をみせた労働党のバラク首相を破って首相公選を制したシャロン首相は、リクード創設の有力メンパブの一人。1967年の第三次中東戦争で占領したヨルダン川西岸とガザのユダヤ人入植地を飛躍的に拡大し、返還不能の既成事実づくりに励んだが、アメリカを含む国際世論がイスラエルとパレスチナという二つの国自宅共存に傾くと、二国自宅共存をしぶしぶながら浴び導入するに至った。だが、できるだけ狭い地域にできるだけ弱体な「国のようなもの」をつくってお茶を濁したい意向。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教

Author:神道,神道流,ユダヤ教,イスラム教
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。